行政書士紹介

小野 知己行政書士

たくさんの訪問者の皆様
『ありがとうございます。』ペコリ
感謝を込めて、
そして顔出し次いでに、あなたの深刻なお悩みをお伺いする前に、
ちょっと自分自身をさらけ出してみようとおもいます。
最初の記憶は幼稚園時代です。
今じゃ考えられませんが、僕は・・・
虐められっ子でした。
無視され、笑われ、ズボンまで引きずり下ろされました。

なぜか?
みんなより、小さかった。
みんなより、おとなしかった。
みんなより、遅れてた。
そして、
名前が『ともみちゃん』

キリスト系幼稚園だったんでクリスマスがあり、
12月24日にはサンタさんがプレゼントくれた。
それはそれは可愛いピンクの箱に入った”リカちゃん人形”。
悔しくて泣きながら家に帰ると、母は言った。
『間違えただけだから、サンタさんに言ってあげる。』
翌朝、枕元に大きな紙包み。
”みんなのより大きなLegoブロックおもちゃ”
貧乏なのに、無理して買ってくれた
うれしいはずなのに、
なぜか泣いてた…
こんな小さな頃から傷ついてた。
表面だけの友達なんかいらんかった。
そりゃ~一見、チビの鼻垂れ小僧。
(当時、アレルギー性鼻炎でいつも青鼻垂らしてました。)
小学校にあがっても、
なるべく目立たないように。
みんなの気を引かないように。
先生に怒られないように過しました。

でも、
高学年、10歳位かな?
いじめっ子に変わりました。
我慢の限界。
世の中の駆け引きが分かり始めた・・・
『いじめれば、ぼくは、いじめられないんだ!』
図体デカイ奴の小判鮫。
そしてエセ不良の道に進んで行くのでした・・・

昼間っから、渋谷のゲーセンへ入り浸り。
当然警察にも補導された。
欲しいものは万引き。

でも、親は悲しませたくない。
夜は塾通って、成績は良かった。
もがき苦しんだ・・・
中学でも怒りの矛先はケンカ・・・

『あんな大人になんかなりたかねぇ~や!』

馬鹿でしたね。

高校に入った当時。
通学電車でも、休み時間でも本読んでた。
だって、一人が良かった。
面倒な人付き合いなんかしたくもなかった。
その頃、なぜか近くにいる奴がいた。
そいつはバカだった。
怒ること知らなかった。
いつも笑っていた。
そいつは今でも親友です。
大学付属の高校でした。
成績もなぜか上位でした。
当然、面談でも先生は太鼓判押してくれた。

形式だけの大学進級試験。

なぜか、そのときボクは答案を白紙で出した…。

バイクに酒にタバコ、そして女の子。
『友達っていいなぁ。』
そう思いだし始めた19歳の夜。

親友が死んだ・・・
バイク事故でアッと言う間に・・・
お寺で棺桶に寝ているアイツの傷だらけの顔。
『ホントに死ぬんだ、人間って。』
親戚、婆ちゃんのお葬式は経験してきた。
だけど、これって・・・?
成人式迎える頃には、何かが変わってた。
『生きるとは何だ?死ぬとは何なんだ?』

もう、働くしかなかった。
遊ぶ金がほしかったから。
こんな人生に親は呆れていた。
家族も崩壊していたようだ。

なんとなく社会に馴染めるようになった頃
一冊の本に出会いました。
なにげなく見ていたテレビに出てた女医さんの書いた本。

《ホスピス・生命の奇跡》
末期ガン患者専用の施設。

余命、あと僅か・・・。
病魔から救おうと必死な先生。
死期を感じる患者の魂。
そこに生きる人々の出会いと別れ。

衝撃でした…。

今まで、自分で生きてるんだと思ってた。
『でも、自分は生かされているんだ。』
それは、神ではない。

自分の周りにいる人達に!

そして、
今、
俺、
ここにいる!

あなたとの”ご縁”に感謝。

『ほんとうに、ありがとうございます!』

以下、紹介文です。
おのちゃんは、とにかく熱い。もう灼熱地獄です。
もともと濃い髭面にアロハシャツにボロジーンズ。
こんな行政書士、ありえねぇっ!!!って・・・
初めて会う人は思うでしょう。
人によっては逃げ出すでしょう。笑
おのちゃんは、なんでこんなに熱いのか???
それはね・・・
クライアントさんの笑顔を本気で願っているからです・・・
おのちゃんは、なんで変わったファッションなのか???
それはね・・・
バッチ付けてるだけの先生と一緒じゃねぇぞ!の証明だから・・・
初めて会う一瞬だけは怖い「おのちゃん」ですが・・・
はっきり言って庶民の味方です。
悪と戦う街の法律屋さん・・・相談かけこみ処です。

♪正義の味方 おのちあんマン♪
内に熱き闘志と、優しさを兼ね備えた、
素敵な「庶民の助っ人」。
一見、「その道」ではなく、
「あの道」の御方としてお見受けできてしまうところが、
なんとも癖になる「人」としての、
お味を醸し出しているのではないかと、、、
「わびさび」をさらりと
お好みとしてしまう、粋な殿方です。
小野ちゃんは何故か「行政書士」。
本人的には「何か」あったから
その「道」を選んだんだろうけど、
実は行政書士じゃなかったとしても
「商い」であり「人間」臭さを
フルに発揮して成功の階段を昇る人。
「気持ち」の波長が合った時
彼は自分を「これでもかっ!!!」って位
見せてくれるし
ぶつけて来てくれます・・・!
そんな男が嫌いなら
すぐさま、ご退場下さい。
そんな男が大好きなら・・・
骨まで焼き焦がされてみてください!
俺は大好きな男です!

行政書士一覧

  1. 小野 知己

    行政書士
    第05080753号

  2. 大原 秀人

    事務所外提携行政書士
    第12081700号

  3. 高辻 章代

    事務所外提携行政書士
    第05082084号

PAGE TOP